読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Way Out

はてなが苦手な人間によるはてなにあるまじきエロな話題 削除上等

旧友との対話で考えたこと 前篇

f:id:anon753:20160718002416j:plain

さすがにそれは・・・な話の一区切りのつもりだったが、何だかんだで長くなったので前後編二つに分割。以前書いた「お前まだヌード・チャット覗いてるの?」とあきれていた、かつて業界の内側に片足突っ込んでた人物とあれこれ話してて改めて思ったことなどをつらつらと。

 

90年代後半から2000年代初頭・ヌード・チャットの草創期といっていい時期に我々はつるんでいたわけだが、その頃から考えると色んなことが変化した。技術的には映像の秒あたりのフレーム・レートが上がり格段にスムースになったこと、音声付きが標準になったことなどがある。一時はRealPlayer(G2の頃だったと思う)やWindowsメディア形式でそれらを実現しようとしていたところもあったのだが、結局お手軽にFlashで収まった。昔はJavaアプレットを使ったシステムも多かったのだが、今はもう見かけない。モデル側つまり配信側にその名残があるらしく、そっちはまだJREを入れて云々とやらなければならないことが多いらしい。とは言っても以前よりはるかに配信環境を整えるのは簡単になっている。現在はモバイル・サイトとの兼ね合いもあってかHTML5に移行しつつあるがどうしても生じるタイムラグの関係で、他の動画関係のサービスよりその進行度は遅い。

続きを読む

さすがにこれは・・・と思った話 2

2016年 7月21日 追記

マジでこれは・・・とドン引きしたニュースをTwitter経由で発見。

 

下のほうで触れてるCarla Mai(Aimee Spencer)が亡くなったそうな。なんか酒やドラッグでウカレたパーティーでバルコニーから投げ落とされたって。。。。

www.dailymail.co.uk

 

いや、AdultWorkのほうの登録消えてたの何日か前に見つけてはいたものの・・・それでもエスコートのサイトの方には名前があって。死亡記事によれば英国のMTVの人気リアリティ番組に2012年に出てたとか。するとエスコ―トのサイトのほうは名前だけ貸してたのか、勝手に使われてたのか。うえ~いずれにせよ物騒な話だな・・・

 

ここで真っ当な社会性を持った人間なら「ご冥福をお祈りいたします」くらい言うんだろうけど、コワさが先に・・・。一応遺族というか親戚の人が募ってる葬儀のためのクラウド・ファンディングのページのリンクはっときますね(汗

https://crowdfunding.justgiving.com/AimeeSpencer?utm_id=66&utm_term=vvGj5GxRp

又色々考えこんじゃった・・・。

追記終了

-----------------------

f:id:anon753:20160705233330j:plain

さすがにこれは・・・と思った話 1 - No Way Out

の続き。最初は既存のヌード・チャット/ビデオ・チャット業界が今後も存続できるかどうか、結構ヤバめなお話し。

BBCが製作したドキュメンタリーに出演していたイギリス人モデルの近況などわかるかなと検索していて、今まであちこちで「?」と思っていたことがつながってきた・・・のが良かったのかどうかよくわからない。かなりアダルトな話題なので検索できるようなキーワードは記すが、外部へのリンクは張らない。興味のある人だけ自分で調べてみてほしい。

件のBBCのドキュメンタリーには3人のモデルが登場するが、中心的に取り上げられたのはキャラの立った黒人の「サミー」ことSammie Kane。元ポルノ女優でCamModelとしても当時の芸名Keisha Kaneを使っていたものの途中で「自分自身」に戻ることを決意しモデル名をSammie Kaneに改名。

今でもポルノ時代のことを隠したりはせず、ある程度売りにしてはいるがポルノ女優の経験を激しく後悔している模様。「お金もらってももう男となんかからみたくない。SMプレイで男を痛ぶるのならお金もらってやってもいいけど」と男性への憎しみをあらわにする彼女はガール・フレンドと同棲中。CamModelとしての月収は日本円で30万円前後。決してガバガバ稼いでる超人気モデルではないが、一生懸命働くし倹約に努めてもいるので、現在生活には困るということもなく比較的質素に日常を送っている。過去経済的に大変な時期にはエスコート・サービスまでやったこともあった。30までこの仕事を出来るとは思っていないし、何より将来的に大学に復学して勉強しなおしたいという希望を持つ。このあたりまでは映像中で語られ描かれている。

どこかで見た顔だなと思っていたら、割と地味目な英国産ポルノでも人気者の部類に入っていた人でキーシャ(Keisha)というエキゾチックな名前もあって以前印象に残っていた人だと思い出した。ポルノ出演はもう10年近く前のことでそんなに数も出ていないらしいのに、いまだにあちこちに動画が落ちている。野性的な雰囲気は今でも充分魅力的なのだろう。本人はそれらの出演作を悔恨の念で見ているというのがちょっと切ない。

 

さて現在どうしてるかなとweb上を検索してみると、簡単に本人のTwitterが見つかった。現在CamModelの多くがマーケッティング・ツール、オンラインのお知らせツールとしてそういったSNSを使っている。効果的に使う人というのは・・・あまり見かけないw。そらそうだ。個人できちんと使いこなせる人だって少ないのに、いきなりCamModelとしてそれらを有効活用するなんて無理っちゃむり。

SNSの難しさに、それが「スパム」の温床になりやすいという点がある。アダルト系の人やアカウントをフォローしなくてもなんたらマーケティングだとかなんたらビジネスだとか一目でマルチめいたところから狙われるのは多くの方が経験上ご存知のはず。誰か一人お気に入りのCamModelをフォローしたが最後、毎日のように変な出会えない出会い系のスパム業者に付きまとわれることになる。たとえ自分のアカウントをプライベートにしても、ネカマ丸出しなキモいアカウントにフォローされたりフォロー・リクエストがくる。気をつけようw

そういう話はおいといて・・・すぐに探している相手を発見できたり、現在の状況がかいまみれるのは便利ではある。で、サミーのアカウントにも「今日これからオンライン」といった通知が投稿されていた。そういえばBBCのアレを見た時「どこのサイトだろ?」とちょっと不思議に思ったんだった。あまり聞きなれないアラート音やちょっと映るインターフェース・・・。知らんとこだな~、つーかこの業界の大手数社、そのほとんどがドメインもサイトも複数持ってたりする。その他現れては消えて行く中小のサイトが多数あり、また各国・各言語向けにも独自のサイトがあったりするので業界の全貌を知るのはものすごく大変だったりする。ドイツ語・フランス語・スペイン語の独自サイトは見たことあるし、中国語・韓国語で同じサービスがあるのは知っている(こっちはアクセスして内部を見たことはない)。日本語圏の特異な「待機」ありシステムみたいなのは極端だとしても、それぞれの国で何らかの特徴的なところがあるのだろう。

 

サミーが働くサイトは・・・・あーこれ、確か英国人向けのサイト・・・ってか・・・え?あれ?ここって・・・・エスコート・サービスの紹介とか情報のためのサイトじゃなかったっけ?なAdultWork.com。あ~そういやすんごい質素でクラシカルなインターフェースのヌード・チャットもやってたっけ。普通は外部のそれ専門のサイトと提携したりリンク張ったりなのにさすがイギリス人、そういうとこ律儀だなーとか感心したのもつかの間、オンライン中のモデル達のプロフィール・ページを眺めていて「あれ??」と固まった。やたら目立つあちこちのモデルの自己紹介文

「エスコ―トもやります。ロンドン郊外ほにゃらら地区、一時間何ポンド」

え?え?え?やっぱここエスコートのサイト?そか・・・サミーも家計がピンチのときエスコートをやったって紹介されてたもんなあ・・・・。このサイトはきっと他の大手と違ってカム・サイトとしてはエスコートとかのダイレクトに王道な風俗の世界との垣根が低いんだな。

続きを読む

さすがにこれは・・・と思った話 1

f:id:anon753:20160623080418j:plain

(元)ポルノ・スターのリサ・アンがリモートのおもちゃを使ってのイベントを老舗サイトで行ってたらしいということを前に書いた。

惜しいと思った話 - No Way Out


その後実際本当に久しぶりにその老舗F4Fにアクセスしてみたところ、モデルのカテゴライズに大々的に「インタラクティブ」と銘打ってOhMiBodに代表されるリモート・トイ使用を売りにするモデル達が集められていた。実際には他のサイトで見られるようにウソっぽすぎる大げさなリアクションのモデルや、逆に反応薄くてそれ意味あんの?なモデルがいたり、そもそも「OhMiBod On」と言いながらオンどころか装着すらしていない人なんかがいたりしてかなり奇々怪々な光景を見物できて笑えたりした。

ってかインタラクティブとかOhMiBodって、書いとくだけで勝手に金が集まる効果のある魔法のおまじないかいwwwww

ま、実際そういう使い方してるわけだがw
これについては後述したい。


全体を見渡すとさすが老舗、新世代サイトが突出する以前のあの停滞した2005~2006年頃のダルな雰囲気バリバリで、懐かしいやら情けないやら色々思うところがあったりした。そんなことをしながらまた昔のブックマークからあちこちうろついてみていたら今年2016年の春先に古いユーザーには結構「え!?」な業界再編が起こっていたらしいことを知った。F4Fと並んで業界最古参の大手サイトとされていたあそこがF4Fに買収されたという。その大手サイトは数年前に自社のモデル担当部門の人間が辞め、独立モデルや古いつきあいのエージェント・オフィスやスタジオがどんどん離れ質の低いスタジオというか自称モデル・マネージメントが入り込むようになっていたことには気づいていた。結果どんどんとサイトの質自体が落ち、評判が悪くなるどころか話題にもあがらなくなっていたという斜陽という日本語がぴったりくるような状態で、いつサイトを畳んでもおかしくない感じではあった。聞いた話ではアメリカのどこかの金持ちの一族の経営とかで社員のほとんどは親戚筋だったとか。ヌード・チャットのサイトとしてもっとも古いところのひとつというだけでなく、ネット上のアダルト産業に関する決済を早くから拒否していたア●ックスでの決済が可能だったり、Payp●lも使えたりというあたりから米国の経済界に影響のある一族なのかもしれない。

チャット・サイトはあくまで一族のビジネスの一部に過ぎず適当なところで手を引くんだろうとは思ってはいたが、まさかF4Fが買収(というより完全に吸収)とは・・・とかつてのライバル関係や事情を多少なりと知っているものには結構驚きである。ビックリしたもんだから長い間使っていなかったメッセンジャーを起動して自分よりもっとディープにこの業界やその一族と実際に付き合いがあった人間にコンタクトを取ってみたりしたのだが、久々に話し込んでさらに色々驚かされた。

 

まず最初に言われたのが「お前、まだヌード・チャット覗いてんの?」だったwwww

しばらく色んな事象への「addiction」について読まされたり、Youtubeドーパミンがどうたらとか図解入りで説明してる動画見せられたりしたwwwwww

 

続きを読む

ひょえ~とビビった話

いや、別にワタシがビビることではないんですが(汗

f:id:anon753:20160615022811j:plain

今月の頭くらいだったか公には「海外向け配信」と言いながら実質国内向け裏モノのビデオ(しかもどう考えても表のAVと地続き)の会社が、覚せい剤でとっつかまってワイドショーをにぎわせたあの元芸能人の作品を配信すると大々的に予告を売った。

その時点でかなりの人が「それはさすがにお上を刺激するんじゃ・・・」と不安を感じたと思う。なにせ本人は服役中で壁のなか・ということは逮捕前の撮影。しかも漏れ伝わってくる内容は今までのオモテの作品のそれとかぶっていた。ついに今まで一部で「海外配信系と日本で一般販売されているAVは無関係」と誰かが情報操作しようとしていたウソがバレるのかとワクテカしてたところにこの騒ぎである。

これ・・・オカミはもしかして本気であそこを潰しにきてたりしますか?だって逮捕の発端になった告発した元女優さんて、「無修正海外配信」モノにも出てますよね?その出演の記録の台帳まで調べるってことは・・・ひえ~ついにケーサツ本気出したか?

本来の問題はそこでなくあくまで「強要」などがあってその女性が被害を受けたか・受けていたとしたらどうケアしていくのか・真剣に再発を防ぐ手立てを講じる時期ではないのかということのはずなんだけど、件のDM●のカタログではコンピレーションを入れて400本以上もあるという出演作て・・・

その告発は自身の男女関係のもつれの中で自己保身のためになされたものであって不当なものであるという話も出てたりもするけど、それはそれとして実際この告発した女性をきちんとケアしないと精神的にどんどん追い込まれて行ってしまってマズイことになるんではなかろか。

とかさらに不安になっていたらついに川奈さんが動きだすらしいとのこと。この騒動の中で唯一の明るい材料と言ってもいいだろう。あんまり気張らずマイペースで、時には妥協もしながらとかでいいので少しずつ形を整えて行ってもらいたい。


元AV女優・川奈まり子さんが「女優の権利保護」の新団体設立へ

www.bengo4.com

惜しいと思った話

f:id:anon753:20160514220929j:plain

実はそんなに「惜しい」とか思ってませんけどw

リモートコントロールのおもちゃ関係のことを前回書いた直後、「あ~そういやちょっと前、どっかの老舗サイトが有名女優使ってなんかやってたぜ」という話が。え~どこだろ?と思ったら結構あっさりそのニュースのログが見つかった。時は昨年2015年の秋口、大量消費時代に突入した昨今のポルノ業界には珍しく世間に広く名が知られている大物女優の一人「リサ・アン」(ビデオ女優業は既に引退)が老舗中の老舗F4FにておもちゃメーカーのKiiroo(キール―と読むらしき)と協力してインタラクティブな催しをやったとか。

へー、そっか。なんだかんだ言って最近えむえふしーみたいな新世代サイトとその周辺ばっかで、本来業界の顔になる老舗大手はノーマークだったもんなー。

これは・・・まあそっち業界の情報サイトだけでなく一般のニュース・サイトとかでも取り上げられていたんだからリンクしても大丈夫だろー。

metro.co.uk

こっちはあっちのアダルト業界ニュース

www.xbiz.com

続きを読む

連休だというのに自分はナニをやってんだという話

f:id:anon753:20160430150130j:plain

今年はキリスト教の正教のほうの暦でイースターの時期が日本のゴールデン・ウイークともろかぶりのようで、現在そちら方面の国(ふっちゃけルーマニア)のモデル達は大体休暇中の模様。えむえふしーのサイト上はコロンビア人モデル達が目立つ。

続きを読む

へえ~と思った話

こんなはてなの場末のしょうもない日記ブログとは言え、覗きにいらした方に「ちっ!時間の無駄だった」と言われるのも悲しいので、少しは情報でも置いておこうかなと。アクセス解析を改めて見直すと・・・Chromecast関係ともうひとつアクセスス数が目立つ記事があった。

 

ところで別口のえふしーつーのブログのほうでぶっちぎりに目立つ検索キーワードがyahoo経由での「素人ストリップ」wwwww

 

で、本題は過去の二つの日記に関連する話題とちょっとしたお役立ち情報(多分)。

 

2016年9月訂正追記
以前は以下で「We-Vib」と誤表記してたので訂正。正確には「We-Vibe」。投稿後結構すぐに気づいてはいたものの、別にそんなん追っかけて調べようとかいう人もいないだろうとタカをくくていたら、ある時期を境にこのエントリーにたどりつく方がかなり多数いらっしゃる模様。アフィとか目的じゃないにしろ代理店の商売の邪魔になっちゃまずいかなと思い直し、商品名としてちゃんと検索できるように訂正。

 

でも本当になんでいきなりohmibodつながりの日本語検索増えたんだろう?会場がどうので開催するんだかしないんだかでやや騒ぎになってたアダルトVR関連かと思って、その手のニュース記事ざっと眺めてみたけど全然出てきてなかったぞ?謎だ。

追記その2
あまりに不思議だったので検索エンジン逆に辿って調査してみたところ・・・「電流でピクピク」みたいな話題でOhMiBodは電流を流してんだみたいなもの凄い誤解している人が多数ということを発見wwwww

 

いや勿論本体振動させるために通電してますがwwww電流てピクピクとかなわけないじゃないですかwwwww皆さん夢見すぎですってか、もしかしてみんなそういう趣味なん?wwwww

 

確かに国内外でたまにある電磁気?というか微弱な電流流すマッサージ機ありますね。でもあれとは別、ただのリモート・コントロールバイブですwwww。

ちなみに数年前になりますがそういう本当の電流でピクピクのマッサージ機をショーに使ってみたモデルさんいたの見たことありまつwwwww。一緒にハンディタイプの脱門処理?の装置使ってましたが、それはその日一回限り。なんでも「すっげー痛い」ので全然気持ちいいとかないし。何しろ身体の敏感なところなので怖くて二度とやる気はしないとか。実際説明書にに注意書きとして絶対禁止とあったみたい。そのモデルさんは本気で大人のおもちゃがわりにしようとしてたわけでなく、SM風味のお笑いが欲しくてチャレンジしてみたそう。確かにその時そのチャット・ルームは爆笑の渦だったし、自分も腹抱えて笑った記憶あるwwww

本当にごくまれに脱毛処理の電流流れるピンセット?をショーの小道具に使うモデルさんもいまつ。そういえばそういう人はロウソク・ショーとかもやることあるな。まあ根気よく探してみてくださいwww。

 

え?でも電流流れてるみたいにピクピクしてるやんて?だ~か~らーwwwwwあれ基本ウソなんだってwww下にも書いたように元祖OhMiBodは振動が穏やかなバイブ。他社の類似機種は形状やバッテリーを強化して改良されているものの、そもそもが「おしゃれなカップルがイチャイチャするため」のおもちゃ。女性が勝手に動く異物で「アンアン」とかありえませんから。嘘だと思ったら彼女でも奥さんでも愛人でもいいから聞いてみ?ほぼ全員がそれこそ「ただの異物感」しかなくて性感とかからほど遠いって答えるはず。

それとは別口でどっかのチャトレさんのFCつーブログで、飛びっ子か何かの国内のローターをチップ音に反応させるように改造するというほとんど電気工作日記みたいな記事があったのも発見wwwwww。ご苦労様ですっていうかものすごく無駄ですwwww。あっちのモデルの使ってるものもきちんとチップ音に反応なんかしてませんからwwwww。

 

昨年2015年の夏前の普及期にOhMiBod導入してガッポリ稼ごうと購入したはいいが、実際うまく動かなくてブチ切れてたモデル達を目撃してない人からしたら「そういうもんなのか。海外のサイトはすごいのう」となっちゃうのかなあwww。いやもう、あの時期はホント色んな意味で笑った。なんせ普通に音に反応させようとするとしゃべった自分の声で動いちゃうとか、しゃべらないようにタイプしてチャット・・・とかやったらキーボードのカタカタ音に反応とかwwwww

っていうかアレ見て「なわけねーよ」と思うのが一般的で正常な反応ではないかとwwww

追記終わり

 

f:id:anon753:20160423041541j:plain

左 OhMiBod 中央 Lovense 右 We-Vibe 

 

過去記事はこちらの二つ

anon753.hatenablog.com

anon753.hatenablog.com

 ちゅうのもですね、キーワード「ohmibod 日本」「ohmibodとは」とかでたどり着いた方が結構いらっしゃるようで。あれ?日本のIT系の情報サイトにも良く出てくるはずなんだけど。。。他であんまり取り上げてないんかいな?う~ん女性向けの情報サイトとか特集組みそうなんだけど、自分が普段そういうとここまめにチェックしてるわけでもないからわからんなあ。

 

素でOhMiBodだけ日本のぐーぐるに入れるとなんとかまとめとかいうところがトップに上がるはずですので、そちらで概説をどうぞ。要するに日本に昔からある無線コントロールバイブ(ってかローター?)飛びっ子と同じ趣向の大人おもちゃです。

 

基本的にはオシャレ系のカップル向けおもちゃで、その一番有名というかあっちで最初に売り出されたのがOhMiBodという奴。これが昨年2015年の年頭のCESでBluetooth機能を搭載したモデルを発表した後、この場末日記ブログでよく取り上げてるヌード・チャットのモデル達が使いだしたことで英語圏でも改めて大きな話題に。これが2015年6月から7月あたり。Googleなんかでもこの時期を境にドッカーンと検索数が上昇。

 

実際にワレワレのような心の穢れた寂しい♂がヌード・チャットで目にするのはOhMiBodを含めて三社の各機種。2016年四月現在日本国内でもそれぞれ購入可能なようなので、興味のある方は以下の太字のをキーワードとしてぐーぐるで検索してくださいませ。アフィリ目的とかとられてもアレだしということもあるので、あえてリンクはいたしません。

1 OhMiBod
2 Lovense
3 We-Vibe

OhMiBodとLovenseは本社の日本語サイトが、We-Vibeは日本販売の代理店のサイトが簡単にみつかるはず。ただし上に書いたなんんたらまとめサイトに書かれたりそこからアマ●ンにリンクされた輸入ものの価格はボリすぎ。「最低価格2万いくら」とかなんじゃそれ・・・。新型で強化版の2.0Hとかいうやつのクラブとかいうのは$80しないはずだぞ?そもそも流行のきっかけになった同型の旧型は$50以下だった記憶が。

ちょっと見てみたら日本の飛びっ子の最新型が数千円。機能も耐久性(その手のおもちゃにありがちで、どのバイも壊れやすいらしい)も大して変わらないなら、手に入りやすくお求めやすい価格の飛びっ子でいいじゃん?とか他人事なので思ったりするけど、こういったものには超お堅いというか「秘め事は秘め事」としっかりしている日本人女性は、いくらカレシとでもそんなオッサン臭いおもちゃで遊ぶのイヤだわ~とか思いそう。オレも思うしwwwww

女性向け・女性が気軽に手に取れるみたいな商品コンセプトのiroha?あれにBluetooth機能つければ売れるんじゃ?開発急げwwww

こういう大人のおもちゃというのは結構あっちの女性が普通に持ってたりして驚くことがある。「バス・ルームの棚開けんなよ~ケラケラ」とか言われて、なんのこっちゃと思ってたら「洗ったディルド入ってるから」とかいうことあったし。いや日本の男は根性ないので、いきなりそういう気もないのにそういう下ネタめいたこと言われるとヒキ気味になるんですと何度説明したことか。そんで何度「理解不能!」とダメ出しされたことか。

思い起こせば学生時代にアメリカの小説読んでたら、主人公が中年女性の部屋の机の引き出しの中にディルドを見つけたというシーンがあって、そこでの登場人物の反応や心理の描写への解釈に随分差があるな~と思ったのが始まりだったなー。何のはじまりかよくわかんないけどwwwww

兎に角ですねOhMiBodに代表される海外製リモートバイブ、それぞれの日本語サイトを見ればわかるようにターゲットは女性。性を積極的に楽しむ女性がパートナーとあるいは一人で楽しむツールとして販売されているわけです。たとえ彼女のブックマークやブラウザ履歴にそれらのサイトがあったのを見て「うわ、見ちゃいけないもん見つけてしまった」とか逆に「うへへへ~見つけちゃったよ~ん」とかいかにもな日本人男性な反応をするのは適切ではないのです!

んじゃどういう反応を?

(´・ω・`) 知らんがな

 

続きを読む

あなたの敵はあなたのすぐ傍にいる(かもしれない)ということ

放置状態のこのはてなに何故か一定数のアクセスが毎日残ってるなと思って良くみてみたら、Chromecast2の発売があったせいか以前書いた

anon753.hatenablog.com

 

これをGoogle経由で見つけてこられる方が多いようだ。そういう方のためにちょっと情報を。

 

以前の記事のような使用方法でChromecastを活用なさりたい方、その後案の定無料の類似アプリが多数出ております。あれこれ試してみた感じ、Tubioというアプリがもっともシンプルで安定しており、追加での有料分を払わずとも無料版のまま使いやすいようです。

Tubio

アフィリエイトなどの混ざったリンクでなく本家へのダイレクトなリンクですので安心してたどってください。iOS/Android両対応かつキャスト先としてChromecastだけでなくApple TV、アマゾンのFire TVなども選択可。

 

で問題の新Chromecastだが・・・実は 何か地味な印象のChromecast Audioのほうが気になっている。知り合いの音響関係のプロが「Audioのほうは充分常用できるよ」と悪魔の囁きを・・・・

 

他にも丹念に過去ログからこのしょうもない日記を読まれていた方が何人かいらっしゃったようで、なんだか申し訳なくなってきた。

 

で、今回の日記の本題

f:id:anon753:20160416201707j:plain

もう旧聞になってしまうが、どこかのNPOが日本のアダルトビデオにまつわる問題の報告書を発表し、それについてTwitterなどで一般ぴーぽーからツッコミが入り、更に有名な元女優さんが公に反論を行ったことでさらに話題なってあちこちで取り上げられるということがあった。

 

その女優さんとNPOの代表らしき弁護士の方とはその後何かコンタクトがあって、決して両者は敵対する立場ではないということが確認されたというところまでは一応気にして追っかけてみていた。

 

そもそも最初にその報告書が発表された云々という記事を見かけたとき、「?」と頭に浮かんだ疑問は『相談件数は年々増加傾向にあり、「12年から15年までの4年間で計93件」』という数字についてだった。

 

続きを読む