No Way Out

はてなが苦手な人間によるはてなにあるまじきエロな話題 削除上等

古いポルノ映画のこと

f:id:anon753:20141007051146j:plain

で、インターネット・アーカイブの中うろうろしたりあちこちサイト漁ったりして
一本作ろうと思ったら、どうやっても1GBに収まりそうにない。そこで結局テーマを二つに分けて並び替えたビデオをつないで二本に分割して公開。

 

著作権云々のこと言うと、映画Depp Throatそのものは制作/公開時の不手際で著作権そのものが失効しているとかいないとか。パブリック・ドメイン化したもの以外、他の奴は当然ぶっちぎってるわけですが(w

 

70年代のヌーディスト村のフィルムとかおもろいですよ。そこに取材に行った女性レポーターが目覚めちゃってヌーディストになっちゃうとかいう変な劇映画もあった。

 

Youtubeの管理もずさんだよなー。カリギュラのフランス語吹き替え版とかずーっと残ってるぜ?しかもしっかりハード・コア・シーン残したまま。もしかして本当に自動でやってるとか?それもすごいな。

 

ということで映画をyoutubeに丸ごとあげようとかいう度胸のある皆さ~ん、日本語吹き替え版だとザックリと削除-->アカウント凍結とか逃れられるかもですよー。全然確信ないけど(w

 

著作権がらみは色々いいたいことあるけど、人に突っ込めることやってねーし。ただ一点、著作権ぶっちぎって勝手にアップした動画や音楽が逆に宣伝になることは、もう実際何年も前に日本のあのボー●ロイドの例で証明されたわけですわね?

 

ポルノの場合どうなんかなと。たとえばDeep Throatなんか後追いになる後の世の人からしたら社会運動とかそれを巡る政治とか司法の動きよりまず、「その技見て~」という下衆な好奇心がまずあるわけです。で、監督自身が言うように「映画としてはつまらない作品」なのは悲しいことに事実で、問題の技も今となっては「う~ん・・・オレの彼女のほうが・・・」みたいな場合も多いわけで。

 

ところでアレ出来る子は結構普通に誰でも出来るとか思ってるじゃないですか。男は普通試さないから自分で出来るかどうかわかんないけど。そんでその場になって「おおおお???」とか驚くっしょ。んで「すげーよ、すげーよ」とマジ感動して本気で褒めちゃったりするわけです。そうすると元々出来た子がさらに気分良くなって技を磨くと(爆 ただそういう行為自体全般を「褒められる」の嫌がる女の子もいるから、結構タイミングむずかしいといえば難しい。

 

・・・という話じゃなく時代の違いを考えても映画Deep Throat自体は今見るとせいぜい「へー」程度の作品であの10分弱のシーンだけ見とけば充分みたいなことになって、むしろその作品の時代を扱った「inside~」のほうが見てておもろいというのが実際のとこ。

 

ところがドキュメンタリー「inside~」で「二番煎じ」呼ばわりされた「Behind the Green Door」とか今見ても結構衝撃的だったりして。しょうもないはんちくなコメディ部があったりするDeepと違って、映画の半分以上そういうシーンだし「Devil in Miss Jones」もきちんとお芝居してる部分とファック・シーンがあってあのラスト・シーンになってるわけで二番煎じ呼ばわりはないよな~と。

 

今映画として見るならぶっちゃけ「Behind the Green Door」と「Devil in Miss Jones」のほうがお勧め。動画切ったり張ったりしてるあいだ「正直Deepはこの部分見たらあとはどうでもいいよなー」と思いながら、みんな「Behind~」と「Devil~」の全編見ればいいのにとか考えてたりした。

 

一般映画の方についてちょっと触れるとエマニュエルなんて本当に宣伝戦略だけでヒットした作品なんじゃって感じ。今CSでさんざんやってることからわかるように、性描写なんてほんとたいしたことないっすよ。有名な飛行機の中のシーンなんて今そこらじゅうで見られるんじゃね?カリギュらも公開時のクビチョンパマシーンのないバージョンだと・・・。

 

白日夢はう~ん・・・。ま、週末に「愛の渦」に見てみようと思ってたんで復習にはいいタイミングだったかなあと。

 

そんだけ