No Way Out

はてなが苦手な人間によるはてなにあるまじきエロな話題 削除上等

へえ~と思った話

こんなはてなの場末のしょうもない日記ブログとは言え、覗きにいらした方に「ちっ!時間の無駄だった」と言われるのも悲しいので、少しは情報でも置いておこうかなと。アクセス解析を改めて見直すと・・・Chromecast関係ともうひとつアクセスス数が目立つ記事があった。

 

ところで別口のえふしーつーのブログのほうでぶっちぎりに目立つ検索キーワードがyahoo経由での「素人ストリップ」wwwww

 

で、本題は過去の二つの日記に関連する話題とちょっとしたお役立ち情報(多分)。

 

2016年9月訂正追記
以前は以下で「We-Vib」と誤表記してたので訂正。正確には「We-Vibe」。投稿後結構すぐに気づいてはいたものの、別にそんなん追っかけて調べようとかいう人もいないだろうとタカをくくていたら、ある時期を境にこのエントリーにたどりつく方がかなり多数いらっしゃる模様。アフィとか目的じゃないにしろ代理店の商売の邪魔になっちゃまずいかなと思い直し、商品名としてちゃんと検索できるように訂正。

 

でも本当になんでいきなりohmibodつながりの日本語検索増えたんだろう?会場がどうので開催するんだかしないんだかでやや騒ぎになってたアダルトVR関連かと思って、その手のニュース記事ざっと眺めてみたけど全然出てきてなかったぞ?謎だ。

追記その2
あまりに不思議だったので検索エンジン逆に辿って調査してみたところ・・・「電流でピクピク」みたいな話題でOhMiBodは電流を流してんだみたいなもの凄い誤解している人が多数ということを発見wwwww

 

いや勿論本体振動させるために通電してますがwwww電流てピクピクとかなわけないじゃないですかwwwww皆さん夢見すぎですってか、もしかしてみんなそういう趣味なん?wwwww

 

確かに国内外でたまにある電磁気?というか微弱な電流流すマッサージ機ありますね。でもあれとは別、ただのリモート・コントロールバイブですwwww。

ちなみに数年前になりますがそういう本当の電流でピクピクのマッサージ機をショーに使ってみたモデルさんいたの見たことありまつwwwww。一緒にハンディタイプの脱門処理?の装置使ってましたが、それはその日一回限り。なんでも「すっげー痛い」ので全然気持ちいいとかないし。何しろ身体の敏感なところなので怖くて二度とやる気はしないとか。実際説明書にに注意書きとして絶対禁止とあったみたい。そのモデルさんは本気で大人のおもちゃがわりにしようとしてたわけでなく、SM風味のお笑いが欲しくてチャレンジしてみたそう。確かにその時そのチャット・ルームは爆笑の渦だったし、自分も腹抱えて笑った記憶あるwwww

本当にごくまれに脱毛処理の電流流れるピンセット?をショーの小道具に使うモデルさんもいまつ。そういえばそういう人はロウソク・ショーとかもやることあるな。まあ根気よく探してみてくださいwww。

 

え?でも電流流れてるみたいにピクピクしてるやんて?だ~か~らーwwwwwあれ基本ウソなんだってwww下にも書いたように元祖OhMiBodは振動が穏やかなバイブ。他社の類似機種は形状やバッテリーを強化して改良されているものの、そもそもが「おしゃれなカップルがイチャイチャするため」のおもちゃ。女性が勝手に動く異物で「アンアン」とかありえませんから。嘘だと思ったら彼女でも奥さんでも愛人でもいいから聞いてみ?ほぼ全員がそれこそ「ただの異物感」しかなくて性感とかからほど遠いって答えるはず。

それとは別口でどっかのチャトレさんのFCつーブログで、飛びっ子か何かの国内のローターをチップ音に反応させるように改造するというほとんど電気工作日記みたいな記事があったのも発見wwwwww。ご苦労様ですっていうかものすごく無駄ですwwww。あっちのモデルの使ってるものもきちんとチップ音に反応なんかしてませんからwwwww。

 

昨年2015年の夏前の普及期にOhMiBod導入してガッポリ稼ごうと購入したはいいが、実際うまく動かなくてブチ切れてたモデル達を目撃してない人からしたら「そういうもんなのか。海外のサイトはすごいのう」となっちゃうのかなあwww。いやもう、あの時期はホント色んな意味で笑った。なんせ普通に音に反応させようとするとしゃべった自分の声で動いちゃうとか、しゃべらないようにタイプしてチャット・・・とかやったらキーボードのカタカタ音に反応とかwwwww

っていうかアレ見て「なわけねーよ」と思うのが一般的で正常な反応ではないかとwwww

追記終わり

 

f:id:anon753:20160423041541j:plain

左 OhMiBod 中央 Lovense 右 We-Vibe 

 

過去記事はこちらの二つ

anon753.hatenablog.com

anon753.hatenablog.com

 ちゅうのもですね、キーワード「ohmibod 日本」「ohmibodとは」とかでたどり着いた方が結構いらっしゃるようで。あれ?日本のIT系の情報サイトにも良く出てくるはずなんだけど。。。他であんまり取り上げてないんかいな?う~ん女性向けの情報サイトとか特集組みそうなんだけど、自分が普段そういうとここまめにチェックしてるわけでもないからわからんなあ。

 

素でOhMiBodだけ日本のぐーぐるに入れるとなんとかまとめとかいうところがトップに上がるはずですので、そちらで概説をどうぞ。要するに日本に昔からある無線コントロールバイブ(ってかローター?)飛びっ子と同じ趣向の大人おもちゃです。

 

基本的にはオシャレ系のカップル向けおもちゃで、その一番有名というかあっちで最初に売り出されたのがOhMiBodという奴。これが昨年2015年の年頭のCESでBluetooth機能を搭載したモデルを発表した後、この場末日記ブログでよく取り上げてるヌード・チャットのモデル達が使いだしたことで英語圏でも改めて大きな話題に。これが2015年6月から7月あたり。Googleなんかでもこの時期を境にドッカーンと検索数が上昇。

 

実際にワレワレのような心の穢れた寂しい♂がヌード・チャットで目にするのはOhMiBodを含めて三社の各機種。2016年四月現在日本国内でもそれぞれ購入可能なようなので、興味のある方は以下の太字のをキーワードとしてぐーぐるで検索してくださいませ。アフィリ目的とかとられてもアレだしということもあるので、あえてリンクはいたしません。

1 OhMiBod
2 Lovense
3 We-Vibe

OhMiBodとLovenseは本社の日本語サイトが、We-Vibeは日本販売の代理店のサイトが簡単にみつかるはず。ただし上に書いたなんんたらまとめサイトに書かれたりそこからアマ●ンにリンクされた輸入ものの価格はボリすぎ。「最低価格2万いくら」とかなんじゃそれ・・・。新型で強化版の2.0Hとかいうやつのクラブとかいうのは$80しないはずだぞ?そもそも流行のきっかけになった同型の旧型は$50以下だった記憶が。

ちょっと見てみたら日本の飛びっ子の最新型が数千円。機能も耐久性(その手のおもちゃにありがちで、どのバイも壊れやすいらしい)も大して変わらないなら、手に入りやすくお求めやすい価格の飛びっ子でいいじゃん?とか他人事なので思ったりするけど、こういったものには超お堅いというか「秘め事は秘め事」としっかりしている日本人女性は、いくらカレシとでもそんなオッサン臭いおもちゃで遊ぶのイヤだわ~とか思いそう。オレも思うしwwwww

女性向け・女性が気軽に手に取れるみたいな商品コンセプトのiroha?あれにBluetooth機能つければ売れるんじゃ?開発急げwwww

こういう大人のおもちゃというのは結構あっちの女性が普通に持ってたりして驚くことがある。「バス・ルームの棚開けんなよ~ケラケラ」とか言われて、なんのこっちゃと思ってたら「洗ったディルド入ってるから」とかいうことあったし。いや日本の男は根性ないので、いきなりそういう気もないのにそういう下ネタめいたこと言われるとヒキ気味になるんですと何度説明したことか。そんで何度「理解不能!」とダメ出しされたことか。

思い起こせば学生時代にアメリカの小説読んでたら、主人公が中年女性の部屋の机の引き出しの中にディルドを見つけたというシーンがあって、そこでの登場人物の反応や心理の描写への解釈に随分差があるな~と思ったのが始まりだったなー。何のはじまりかよくわかんないけどwwwww

兎に角ですねOhMiBodに代表される海外製リモートバイブ、それぞれの日本語サイトを見ればわかるようにターゲットは女性。性を積極的に楽しむ女性がパートナーとあるいは一人で楽しむツールとして販売されているわけです。たとえ彼女のブックマークやブラウザ履歴にそれらのサイトがあったのを見て「うわ、見ちゃいけないもん見つけてしまった」とか逆に「うへへへ~見つけちゃったよ~ん」とかいかにもな日本人男性な反応をするのは適切ではないのです!

んじゃどういう反応を?

(´・ω・`) 知らんがな

 

 

さてこっからがややおもしろい話。当然この場末日記でよく取り上げてるヌード・チャット上でのOhMiBod関連。大体がチップの音に反応するって、しかも人によってはチップの額によって強度が違うとかってなんかアヤシくね~?と当初から疑惑の目を向けられ、それについて結構な数の問い合わせがメーカーに行った模様。

最初のうちOhMiBod本社は個々に「当社製品はあくまで音楽連動機能であり、特定の音に反応するというものではありません」というOhMiBodでグイグイ稼ぎだした一部CamModel達のビジネス・プランを台無しにするかのような返答だったのが・・・

先に書いたように検索エンジンでの検索数が爆発的に増加。それに伴ってバカ売れwwwwwwwwwwwwwwwwwww

するといきなり沈黙wwwwwww


なんせひとつのサイトで月にアクティブな数が4千人とか言われるモデルですよ?そんで新規参入の女性はそれ以上ですよ?その業界の人が「これは金になる」とみんな群がって購入するわけですよ?今までも人気の定番アイテムだったといっても、出ていく数がその比じゃありません。そらいらんこと言って自分で売り上げにストップかけるわけありませんがなwwwww

そんで同時期以前書いたサード・パーティーが「各サイトのチップ音に対応!」とうたったアプリを売り出したときたもんだ。ん?ちょっと待て?それがちゃんと動くかどうかは置いといて、それまではどういう風に反応させてたの?モデル達やそのエージェントがそういうアプリ独自開発でもしてたとでも?ネットワーク・速度とビデオや音声の解像度のバランスがうまくとれなくてカクカクなストリーミングしかやれない連中が?wwwwwwwwwwwww

この時点で大概の人には「お察し」で通じたわけですが、ここからまた先があるwwwww

現在元祖OhMiBod同様、あるいはそれ以上にモデルに人気はあるのは2のLovense。

お求めやすさ:価格はOhMiBodより安め、また一時品切れwが続出したOhMiBodと違い安定供給
機能:OhMiBodをはるかに超え「Hitachiに匹敵する」とまで言われる強い振動による刺激

この二点がその人気の表向き主なところ

「表向き」?そうLovenseのモデル間での人気はそれだけではなかった!それは

モデル達が情報交換に使っているフォーラムやSNSにおけるヌード・チャット・モデルへの手厚いサポート

wwwwwwwwwwwwwwww

いやあ、仕事熱心だなとwww

元祖OhMiBodは問い合わせに無回答というかチャット・モデルからの質問なんか知ったこっちゃねーっていうか、そもそもそれ当社の想定する規格外の利用法のためお答えいたしかねます状態であるのと真逆に積極的にセールス開始w

ちょっと話それますが、日本で言う「電マ」ありますね?あれ英語圏ではHitachiで通ってます。日立の輸出したマッサージ機が米アマゾンのレビューで違う意味で大人気というニュースが流れ日本国内で大爆笑、日●グループ社員の方々が複雑な表情に・・・という出来事があってもう10年近く?

今では電マは、たとえ●立製品でないコピー商品であってもHitachiと呼ばれますwww決して本来の商品名が流用されてMagic Wandと呼ばれたりもしないし日本語がそのまま行ってDenMaとかになったりしません。こういうのは一回定着したらずーっとそうなるのですwwwww 大昔任天堂ファミコンがあっちでの正式な商品名であるNintendo Entertainment SystemNESでなく通り名のニンテンドーで収まっちゃったのと一緒の現象ですね。このニンテンドーからHitachiという妙にポイントついたような微妙にはずれたようなという命名ルールがあちら製の一連のリモート・バイブ製品に適応され、実際はそれがLovenseであろうがWe-Vibであろうがひとくくりに「OhMiBod」と呼称されることが大半だったりします。

このあたり知り合いの社会言語学やってる奴にチクってネタにしてもらえないかなと思ったりしてるんですが、まあ・・・「なんでお前はそういう下らないことばっか持ち込むの?」とか言われるのがおちだしなあw

LovenseはなんとCamModel用にクロームの機能拡張まで開発したものの当然のようにGoogle Playからリジェクトw。一対一の大人のお遊びとしてのアプリの方はは特におとがめなしというところから、世間一般のこの業界への評価が覗えたりするwwwwで、実際その評価は正しいと言わざるを得ないというwwwwwww何しろほぼインチキだからwwwww

念のため書き添えておくとインチキというのは「ヌード・チャットでのチップの音に反応するという売り文句とそのチップに反応した機器に対するモデルの反応」がインチキだということで、音や音楽に対しての機器の反応がインチキということではない。実際作動するしチャット業界で(不正)利用される以前から人気アイテムであった。本来の使用法、仲の良いカップルが二人でイチャイチャする・あるいは遠距離にいる二人が性的な刺激を得るという使い方や、少し変わった趣向のおもちゃ使ってみたいという好奇心旺盛な女の子には最適ともいえる。

ヌード・チャットで爆発的に流行した元祖OhMiBodのあのナマコ型のモデルは、バッテリーが強化される旧型のモデルではその振動の小ささ=刺激の弱さ・ほどほどの上品さが良く言われていた。そう、OhMiBodは女性が飛び跳ねたり身もだえしたりするほど強い刺激を与える機器ではなかったのだwどちらかといえばソフトな刺激の、優しい前戯代わりのおもちゃという位置づけであり、実際にサイト上で大流行する前から愛用していたモデル達から「インチキはやめて!」という声があがったほどだった。

 

またこのヌード・チャットでのお遊びは主に「チップ音に反応」だが、アプリには音ではなくチップされたというNotifictionに確実に反応とかもうどこまで本気かわからないものまである。これにさらに輪をかけるようサイト公式のチップ音反応バイブ機能の復活なんかが起こりだしている。以前書いたように海外サイトでは昔存在し廃れていったものだし、聞くところのよれば日本の待機ありシステムの大手サイトにもあったらしい。

もちょっと細かなおもしろげな話を残しておこう。

 

これまた以前書いたがそもそもの流行の発端はえむえふしーと同じ形式でありながら、なんでもありを売りにアヤシイ手法を含めたありとあらゆるやり方でトラフィックを稼ぎに躍起のサイトである。多くのモデルがそのサイトとえむえふしーでマルチをやっているが、同じOhMiBod部屋でもOhMiBodのチップ連動疑惑を追及されるときえむえふしーのサイト名はあげられずその流行の発信源となったサイトだけがやり玉にあげられることがほとんどだ。

この不自然さはちょっと裏にコワイ影がちらついている気配がする。

「そんな大げさな」という向きもあるだろうが、この業界昔から裏でそういう血なまぐさいビジネス・ウォーが・・・おっと剣呑剣呑。

 

またえむえふしーは最近「チップ音に反応」という趣向に逆らうようになぜかチップのコマンドに無音のオプションを加えた。

 

これをわざとOhMiBod部屋で時々混ぜてやると・・・別の意味で超ウケることになるがお勧めはしないwwww

意地悪なお遊びでもあるので、いきなりbanされても平気という場合のみどうぞ。

 

コマンドはオプションS、具体的には

/tip -s 1

(1トークンを無音でチップするコマンド)

 

5トークン以上ならば他のコマンドオプションもすべて有効になるのでさらに意地悪になれる。

 

-h

-p

-a

これらを色々組み合わせて

-sa

-ahp

とかやって反応をみてみよー(悪

 

 

こういうOhMiBodのソフトな使用感という売りでもあった弱点をついたのが「今までにない強い刺激」を前面に出したLovenseであり、女性器の敏感な外側と内側の2点をはさみこむ形状のWe-Vibe。

We-VibeはOhMiBodのような知名度もないしLovenseのような積極的な販促も行っていないため目立たないが・・・実際の所持者であるある女性によれば「かなり凄いよ(は~と)」とのことwwww なんでもHitachi以来の衝撃とかでって・・・そこで比較対象がHitachiなん???そこまで日●の携帯マッサージ器は世界の女性に衝撃だったのか。。。と改めてたまげたwwww

ちょっとキワモノ系というかややアンダーグラウンドな話題を真面目に取材してまとめるViceだったと思うが、少し前こういった「ヌード・チャットにおけるOhMiBodにまつわる論争」みたいなのに大人な見方で決着をつけそうな記事があった。大幅に結論を要約すると

「そうは言うけどSex Workってそもそもそういうもんじゃん?」

あ~確かに。直接的に肌を触れ合う業種のとこのおねーさんが「アンアン」とか言ってくれたら顧客の♂は大体「なわけねーだろ」と思いながらも「もしや・・・」とか思ったりするんだろうし、演技とはわかっていてもそのアンアンがないと締まらないだろうしな~。

あれ?でもそういうのって本当にプライベートの実際のカップルの二人の間にも起こってなくね?セックスのとき演技をしている・あるいはすることがあるという女性の割合が物凄く高いという調査結果も何度も見たな・・・。

 

 

♂ってとことん悲しい生き物ですね
(つд⊂)エーン